初めまして

2009年の1月に待望の男子(リュウ坊)が誕生して9年が経過しました。

共働きのため、1歳の時から保育園でお世話になり、親も日常の忙しさにかまけて特に英才教育などもしませんでしたが、普通の子としてスクスクと育ってきました。

 

公立小学校に入り、ふと周りを見渡すと結構教育熱心な御家庭が多く、通っている小学校では私立中学に進学する御家庭も多いということがわかりました。

そうした周辺環境に加えて、夫婦それぞれの公立中学校の経験から「リュウ坊も私立のほうが良いのでは?」と思うようになり、3年生になるときにまずサピックスの門を叩きました。

 

夫婦ともに中学受験経験はありませんが、世間的には名前の通った大学出身というおごりから、なんの根拠もなく「これで安心。御三家に合格したら引っ越しも考えなくては」などと妄想の世界に入っていました。

 

が、、、、

 

入塾テストの結果では、4クラス中下から二番目のクラス・・・

「ま、まあ、これまでZ会の添削を1年程度やっただけだし・・・ね」と、なんとか自分達を落ち着かせ塾での勉強を見守っていました。

 

塾自体は楽しいと言っていたのですが、膨大な宿題への対応に親が追われる始末で、とにかく〆切までに終わらせることが目的と化してしまい、後手後手に回りながらテストを受けたら今度は一番下のクラスへ・・・

慌ててネットを中心に情報収集した結果、「このままサピックスを続けるよりも一度辞めて家庭学習で底上げすべし!」という結論を導き出し、一度退塾しました。

一応、事務的な引き留めはありましたが、あっさりと退塾も済んだので3年夏から冬にかけて市販の問題集を買いあさり、親主導の家庭学習が始まりました。

 

こうしている間に、4年からお世話になる塾を吟味する作業も並行して行われました。

 

リュウ坊自体は全く普通の子であることに加えて、1月生まれで体だけは大きいくせにまだ赤ちゃんのようなところがあるため、とてもサピックスのような優秀な子を対象とした塾では厳しいだろう

体育会系と言われている早稲田アカデミーも、なんか違う

と、いろいろと難癖をつけた結果、とあるそこそこ有名な中堅どころの塾が目に留まり、早速体験授業やら見学やらをした結果、夫婦ともに気に入ってそこに決めました。

決め手となったのは、面倒見が良いという評判と一クラス当たり人数が少ないこと、少し家から離れているため知り合いが通う可能性がほぼゼロなことでした。

こうして順調?に中学受験に向けての準備も進み、新しい塾に通い始めてもう4か月がたとうとしています。これからはリアルタイムにリュウ坊の頑張りと家族のドタバタを残していきたいと思います。