平日の過ごし方(塾のない日)

 おはようございます。

 

 今日は、塾の無い平日の過ごし方を御紹介してみます。

 

 学校が5限で終わる日と6限まである日がありますが、通っている学校が地域のモデル校のようなものに指定されている関係からか、教育に関する実験のようなものが行われており、その煽りを受けて他の学校に比べて6限の日が多いようです。なんの科目が増えたのかというと「総合」と「道徳」・・・必要ないとは言わないまでも、わざわざ増やすものでもないような・・・
 そんな訳でだいたい家に帰ってくるのは15時30分頃になります。我々の子供時代ならば、すぐに友達と遊びに行くのですが、今は子供同士で遊ぶのも大変で事前にちゃんと約束していないと遊べないことが多いようです。うちも含めてどの御家庭も習い事があったり、昔と違って人の家にあがり込んで遊ぶということもあまりしないようです。なので、友達と遊ぶことが出来ない場合が多く、その場合は用意しておいたおやつを食べた後は、少しテレビを見たりしてから親から事前に用意された勉強をしています。計算ミスをよくするなど、おっちょこちょいなリュウ坊ですが、言われた事は一応ちゃんとやるのが、親バカですが偉いと思います。ただ集中できる時間は短いので、(集中してやれば)一つの教科あたりの時間は30分程度で終わるようにしています。

 勉強の内容については次のとおりです。

 〇 塾の算数のテキストのやり直し
 〇 理科or社会のテキストの復習
 〇 簡単な読解のテキスト
 〇 朝の漢字練習で間違ったものの復習

 合間に適当に休憩しているようで、18時30分頃にはこれらが終わり、ちょうどそのくらいに片方の親が帰ってきて、食事と風呂、少しの休憩となります。
 こうして一息ついた後の20時30分頃から、今日勉強した内容について親が丸付けと間違った個所の確認、やり直しをしていると21時30分近くになり、秘密基地へと潜り込んでいきます。

 

 こうしてみると、朝の30分に加えて一日当たり2時間の勉強時間となっています。他のブログなどを見ると、うちよりも優秀なお子さんが多く、また勉強量も内容も全然違っているようで親としては焦ってしまいそうになるのが正直なところです。しかし、リュウ坊の様子を見るとこれ以上はどうみてもオーバーワークですし、最近は「肩がこったーー」と言っているのでもんであげると本当に気持ち良さそうにしているのを見ると、これはやらせすぎかな・・・と思ったりもします。

 最初は親主導で始まった中学受験ですが、今では本人も「〇〇(家の近くにあるとある進学校)に行きたい」と言うようになってきた(親が言わせている?)ので、上手にバランスを取りながら、本人の目標達成に向けて家族で頑張っていこうと思います。