算数の勉強法

f:id:gori1019:20180608215426j:plain

 おはようございます。

 中学受験において、算数の大切さは今更説明するまでも無いと思います。我が家も例外ではなく、勉強時間の多くを算数に割いています。塾の無い平日にやっている内容は次の通りです。

 

①計算基本トレーニング

②塾から出される日々のテキスト(計算問題)

③塾から出されるその週の単元の入試問題

④その他

 

①計算基本トレーニング

小学 基本トレーニング 計算9級: 1日1枚・30日で完成

小学 基本トレーニング 計算9級: 1日1枚・30日で完成

 

 こちらは、我が家で取り組んでいる漢字基本トレーニングの計算版で、1年生の12級から始まって受験レベルの1級まであるものです。1日1ページずつこなしていけば、それなりに計算力がつくと思われます。学年によって問題数が異なると思いますが、現時点では1ページ当り20問程度の計算問題があり、1日で40問やる計算になります。簡単な計算問題ですので当然満点狙いでやっているのですが、リュウ坊の集中力が続かないため、朝に両面をやる方式から朝に表面、夜に裏面をやる形につい最近変更しました。これでなんとかミス無く満点を出せるようになりましたが、それでも良く間違えています。見直しといいながら、ただ結果を眺めていただけという事がわかりましたので、最近は計算が終わったら、一緒に見直し作業をしてどこを確認すれば良いのか教えています。これで繰り上がり等のミスは無くなってきましたが、たまに2+5=6などという謎計算をしてしまうのだけは防げていません。負けずに辛抱強くやっていくしかないと思っています。

 

②日々のテキスト

 こちらは、週に1回、塾の算数の時間に1週間分のテキストを渡されて毎日消化していく計算や1行問題になります。こちらもやはり計算ミスがありますが、そもそも問題数が少ないため集中力が続くせいか、計算基本トレーニングよりは打率が良いです。

 

③該当単元の入試問題

 これも週に一度の塾でテキストと一緒に配布されるもので、塾のテキストの発展問題として出来たらチャレンジしてみようというものです。こちらは難しい問題も多いので、初見では歯が立たないものも多く、今のところ5分考えてみていけそうなら最後まで、駄目そうなら解答や解説を見て、それでも理解できない場合は塾に行ったときに先生に質問するというやり方で対応しています。

 

④その他

 

秘伝の算数―算数の世界を楽しく極める (入門編(4・5年生用))

秘伝の算数―算数の世界を楽しく極める (入門編(4・5年生用))

 

  基本的に平日は上記をこなすのが時間的にも精一杯ですが、週末などの時間があるときには、これらに加えて「秘伝の算数(入門編)」を一緒に読みながら、問題にチャレンジしたりしています。参考にしているブログ等では、これを自ら積極的に読むような優秀なお子さんが多く羨ましい気持ちにもなりますが、リュウ坊もそこまでのレベルでもありませんが、特に嫌がらずに一緒に読んでいるので、まあいいかとノンビリ構えています。

 

 この間の塾の定期テストでは、その前の小テストで良い点をとったのでこれは結構いけるかもと、捕らぬ狸の皮算用をしていたのですが、前半の計算問題等で大量の計算ミスをしたため、非常に残念な結果となってしまいました。さすがに本人もショックだったらしく「どうやって見直ししたらいいの?」と聞いてきたので、冒頭で紹介したようなことをし始めました。塾からも「国語は・・・ですが算数は伸びそうです」と言ってくれてはいるので、それを信じて一緒に頑張っていこうと思います。

 

☆ 昨日の勉強結果

計算基本トレーニング(9級)見開き1ページ:全問正解😃 

塾の算数テキスト 全問正解😃 

漢字練習

音読