算数の勉強法(その2)

f:id:gori1019:20180611222643j:plain

 おはようございます。

 算数の勉強法については、一度書いたように計算練習を基本としつつ、出来る範囲で応用にも手を出している状態です。

 

gori1019.hatenablog.com

 

 応用問題については、塾のある日にその日の単元を扱った実際の入試問題を5~8問程度渡されるので、それを解くこととしていますが、実際の入試問題とあって初見ではなかなか解くことも出来ず、手も足も出ない問題もよくあります。最初はこうした問題を無理してやるべきかどうか判断がつかなかったのですが、塾の面談の時に聞いてみたら「入試問題といってもその単元のみの知識で解ける問題を選んでいるので、答えを見れば理解は出来るはず。解けなかったとしてもこうした問題に触れておくことは1年後2年後に役に立つときが来るので頑張ってやってみてください」との事でした。そこで、我が家ではこの入試問題については次のように取り組んでいます。

① タイマーをセットして1問当り5分考えてみる

② 解けそうなら答えがあっていても間違っていても良いから最後まで解く

③ 解答と解説を見る

④ 正解なら終わり。間違っていたら解答を伏せてもう一度解いてみる

⑤ わからなかった問題、間違った問題を翌日以降にもう一度挑戦する

⑥ できたら終わり。出来なかったらA4用紙の表に問題を、裏に解答を描いたものを作成して「出来なかったファイル」に閉じる

⑦ 塾の定期テスト前に「出来なかったファイル」を見直す

 塾の面談で聞いた方法や他の方のブログ等を参考にして、このやり方でやってみようと6月から始めたばかりですので、当然、効果検証はされていません。

 「出来なかったファイル」は自分で作らせるほうが良いのかなと思ったりもしましたが、リュウ坊に作らせると1問作るのに下手したら30分くらいかけそうなので、親が夜な夜な作成することにしました。

 まだ遊びたい盛りの4年生がいろいろな誘惑を我慢しながら頑張っているので、出来るだけ効率の良いやり方で無駄なく勉強をさせてあげたいと常々思っています。こういった事は中々知り合い等に聞けることではありませんので、既に卒業された方や現役の受験生の親御さんのブログなどは大変参考になっております。

 ちなみに、背表紙に「出来なかったファイル」とマジックで書いたらちょっと嫌だったらしく「出来たよファイル」も作ろうよと言い出したので一応「出来たよファイル」も作りました。しかしリュウ坊よ、出来なかった問題が出来るようにならないとこちらのファイルはいつまで経っても空のままだよ。。。

 

 

☆ 昨日の勉強結果

計算基本トレーニング(9級)見開き1ページ:全問正解😄 

塾の算数テキスト 全問正解😄

(計算問題が最近調子良いです) 

漢字練習・読解問題

音読

社会の復習