地震

f:id:gori1019:20180618222928j:plain

 大阪で震度6弱と大きな地震がありました。それと同時に痛ましい事故まで起こってしまいました。

 まず、被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

 さて、関東では全く影響がありませんでしたが、いつ起こるかわからない地震の事を考えると、リュウ坊の志望校選びにあたっても通学の事を考慮する必要があります。実際に東日本大震災の翌年には受験生の受験傾向が変わり、それまでは多少遠くとも希望する学校へと出願していたものが、震災以降は出来るだけ家から近い学校を選択する傾向が強くなったそうです。特に我が家のある神奈川県については、都内の学校に通うには多摩川という一級河川を超えなくてはならず、災害時にはそれが最大のネックとなります。震災当日、首都圏ではJR東日本を初めとして在来線が機能停止をしてしまい(JRは自らその職務を放棄した訳ですが・・・)、大量の帰宅困難者が発生し、深夜になっても歩いて家を目指す人々が幹線道路を埋め尽くしていました。

 こうした事を考えると、何かあっても歩いて帰ってこられる距離が現実的なところで、遠くとも歩き含めて1時間程度が限界かなと思います。この考えだと昨日記載した父親の母校は残念ながら選択肢から外れます(学力的にも圏外ですが・・・)。特に、我が家から都内へ通うとなると先ほどの多摩川を渡る必要があり、大地震で橋梁が落橋でもしたら完全に詰んでしまいます。ただ、今住んでいるところは特に縁もゆかりも無い場所ですのでいざとなったら引っ越すという最終手段も残されてはいます。

 

 一方、現在は家から少し遠い塾(電車で40分程度)へ通っているため、その間に何かあったらどうしようという問題もあり、全く心配の種は尽きません。そこで知り合いとそんな話をしていたら良いものがあるよと紹介されたのがこちらです。

 これらに登録したお陰で、いつ改札を通ったか連絡が来ますし、JRに至ってはチャージ残金も表示してくれるのでチャージし忘れて大変なことになるといった事も防ぐことが出来ます。一つ難点があるとするとJRと東急それぞれに登録しなくてはならず、それぞれに500円/月支払わなくてはならないことですが、まあ仕方ないと諦めています。欲を言えば、改札だけでなく、どの電車のどの車両に乗ったのかもわかると良いのですが、さすがにそれは無理ですね。

 いずれにしても、今回の地震を機会に、親がいないときに地震が起きたらどうするか、改めて家族で話し合って約束事の再確認をしておきました。

 また、夜になって母親の実家(奈良)から電話があり、「リュウ坊から夕方、地震大丈夫?って電話あったよ、心配してくれてありがとう」という電話があり親としては心優しい子に育っていることを再確認出来ました。ただ、それを伝えたところ

親:リュウ坊、よくお祖母ちゃんの心配出来たね、偉いよ

リュウ坊:ねえねえ、偉いと思うのならゲームやってもいい??

と、いつものリュウ坊でしたので感動は少し冷めました・・・

 

☆ 昨日の勉強結果

計算基本トレーニング(9級)見開き1ページ:全問正解😄

塾の算数テキスト 全問正解😄

漢字練習・音読

社会の復習